日めくり写真

更新一回につき写真一枚+コメントをアップします。写真クリックで大きくなります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逢いたくなっちゃだめ

いつぞや近所の本屋で気になるも立ち読みして買わず・・・

このほど続編とともにお家へ


板東 寛司, 青嶋 ひろの
逢いたくなっちゃだめ

First impression は この にゃ~ですが
「逢いたくなっちゃだめ」

うっくるしぃ・・・

なんか、こう左脳をつかって、財布とか、投資の本とか、自己啓発とか考えるんだけども、
この可愛さと切なさに無条件降伏

俳句の本です
こいにかんする

青嶋ひろの という方が、選ばれたはいくたち

切なくて嬉しくて悲しくて、それでも恋しいという うた
それと猫たちのまっすぐな瞳や柔らかな雰囲気や孤高

マッチしてます、ええ、それはもう


題名の句は

椿咲くたびにあいたくなっちゃだめ      池田澄子

この句は、五・七・五でそのまま読むのか、それを崩して読むのか(句またがり)で印象が異なります
崩してみると 「つばきさくたびに・あいたくなっちゃだめ」

ず~ん↓

悲しくなりますね



ほかに、寺山修二や小池文子、石田郷子などなど昭和の句ばかりです

自分が好感をもったのは 

約束の数だけ吊るす蛍篭      大西泰世


泣くことも柿剥くことも下手なりけり      橋間石


「約束の・・・」せつない
約束なんて、しているときが嬉しいもの
遂げられるものなんぞ本当にあるものか?

「泣くことも・・・」
季語は「柿」
作者は「もっと素直に涙を見せてくれればいいのに」と思っているようです
柿をむくのも下手で・・・
選者は色っぽくない季語の「柿」で、『こんなに切ない恋が詠めるなんて、俳句って凄い』と
語っています
確かに、柿といえば・・・
柿喰えば鐘が鳴るなり法隆寺
しか思い浮かびません(笑)

ああ~ほかにもあるんですけどね、続編を待て!




スポンサーサイト
  1. 2007/01/12(金) 00:12:03|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長野で雪堪能! | ホーム | 長野 志賀高原~三日目 午前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotohogui.blog47.fc2.com/tb.php/60-6de055d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ウサマメ

Author:ウサマメ
『本好きの日常』というブログを書き始め2005年から2007年までかいてました。
その後途切れがちになり、ブログの引っ越しをして、とうとう「本」のジャンルでのブログを閉じることにしました。

そして、趣味として新しくカメラを始めました。
今は小さな小さなOLYMPUS EP-1で撮り始めたばかり。
初心者で楽しみつつ、表に出していこうと決意しました。

しかし、なかなか持ち歩きに苦心していて、
思うように撮影できないので、
これまでお気に入りだった
Canon IXY DIGITAL 910ISで撮りためた、写真をアップします。

カメラ初心者
日めくりのように写真を更新します。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。